リバランスとは

  • リバランスとは、相場の変動などにより変化してしまった資産の構成比率を目標のポートフォリオ(構成比率)に調整することをいいます。
  • 例えば、「国内株式」1:「外国債券」1を目標のポートフォリオとして運用を開始しても、「国内株式」が2倍に値上がりすれば、2:1の比率に変わってしまいます。
  • そこで、値上がりした「国内株式」を売却し、「外国債券」を追加購入することで目標ポートフォリオに戻します。

資産運用開始 国内株式の値上がり リバランス

リバランスの必要性

  • リバランスによって、値上がりによって割高感の出てきた資産(割安感のなくなった資産)の売却や、割高感のなくなった資産(割安感の出てきた資産)の組み入れ等を行うことから、合理的なリターンの追求を可能にしてくれる効果が期待されます。
  • また例えば、株価が大幅に上昇した後は、株式の割合が高まる傾向がみられます。一般的に株式のリスクは債券より高いため、ポートフォリオ全体のリスクも高まることとなり、損失が大きくなる可能性も高まります。
  • そこで、リバランスを実施し、相場の変動により変化した構成比率を目標のポートフォリオに調整することで、リスク水準も当初想定していた範囲内に収めることが期待できます。

バランスファンドならご自身でリバランスを実施する手間がかかりません

  • 「リバランスを自分でやろうと思っても、忙しくて時間もないし、市況動向を自分でみたりするのは難しくて面倒・・・」そのようなお客さまには、「バランスファンド」も選択肢の1つです。
  • 「バランスファンド」とは、1つのファンドで複数の資産に分散して投資をするファンドで、ポートフォリオの構築と、手間のかかるリバランスまでを、運用会社が行います。つまり、投資のプロに運用をおまかせしているともいえます。
  • 手間をかけずに、じっくり投資をしたいというお客さまは、ぜひ「バランスファンド」を活用してみてはいかがでしょうか?

トップページへ